トイレトレーニングはいつから?どうやって進めればいいの?

子育て
この記事は約11分で読めます。
Kmama
Kmama

どうもKmama(@k_fam3mama)です

子育てをしている中で壁にぶつかることは多いですが、大きな壁のひとつとして「トイレトレーニング」がありますよね。

なかなか思うように進まなかったり、トイレ事態を嫌がってしまったり、うまくオムツが外れたかと思えばまたオムツに逆戻りしたり…。

そんなトイレトレーニングの効率の良い進め方をお伝えします。

 こんな人におススメ
  • トイレトレーニングを始める時期を知りたい
  • 効率よくトイレトレーニングを進めたい
  • トイレトレーニングの進め方を知りたい
  • そろそろトイレトレーニングを始めようと思っている

 

トイレトレーニングを始める目安

トイレトレーニングを始める年齢というものは、子どもによって成長に個人差があるので1歳代~3歳代とバラバラです。

一般的にトイレトレーニングを始める目安と言われているのは以下の3つですので、参考にしてみてくださいね。

 トイトレスタートの目安3つ
  1. ひとりで歩ける
  2. おしっこの間隔があく
  3. 言葉を理解することができる

 

①ひとりで歩ける

これは1人でもトイレに行くことができるための条件ですね。

最終的には1人でトイレに行けるようになるのが目的なので、自分で歩いてトイレへ向かうことができるということが、第一の目安になります。

②おしっこの間隔があく

膀胱が発達してくると、おしっこが溜まった時に「尿意」をはっきりと感じることができるようになります。

おしっこの間隔が2時間程度あけば、ある程度膀胱が発達してきているということなので、トイレトレーニングを始めることができます。

③言葉を理解することができる

「おしっこ」や「うんち」などの言葉の意味を理解できているかも、トイレトレーニングを始める目安になります。

これらの言葉を理解できていることで、自分から「おしっこ!」「うんち!」と言えるようになるからです。

 

Kmama
Kmama

また、ママにも余裕があるときに始めることをおすすめします!

というのも、トイレトレーニングというのは一筋縄ではいかず、じっくり付き合うための時間の余裕や、精神的な余裕が必要になってくるからです。

ちょっとできるようになった!と思えば、また全然できなくなってしまったり…と一進一退することが多いので、ママの余裕も大事になってきます。

また、「イヤイヤ期」に入ったばかりの時期などは、トイレに対しても「イヤ!」という感情になりやすくほとんど進まなかったりするので、イヤイヤ期は避けるほうが無難です。

 

トイレトレーニングは春~夏に始めるのが◎!

トイレトレーニングを始めるには、季節も重要になってきます。

おススメなのは「春~夏」にかけての温かい時期。

薄着の季節はトイレに行ったときにズボンやトレーニングパンツを脱ぎやすく、失敗して漏らしてしまった場合でも、洗濯物が乾きやすいです。

Kmama
Kmama

パパやママの負担が少なくなるんです!

逆に秋~冬などの寒い時期などは、トレーニングパンツなどの分厚いものは乾きにくく、洗濯物が増える一方。

さらに、厚着をすることから、トイレで脱いだり着たりするのにも時間がかかるので、子ども自体がトイレトレーニングを嫌になってしまうことも。

春から夏の温かい時期にトイレトレーニングを始められるように、その季節に合わせて準備していくと◎!

 

トイレトレーニングの進め方は?

トイレトレーニングを効率よく進めるためには、いきなりトイレでやってみよう!とするのではなく、まずはイメージづくりをすることから始めると◎。

 トイトレの進め方
  1. まずは「トイレ」を知ってもらう
  2. 実際にトイレで座ってみる
  3. 生活の中でタイミングを決めてトイレに誘ってみる
  4. 自分から「トイレ」と言えるまで待つ
  5. トレーニングパンツをはいてみる
  6. お外でトイレをしてみる

①まずは「トイレ」を知ってもらおう!

トイレトレーニングを始めるには、まずは子どもに「トイレとはどういうものなのか」ということを知ってもらう必要があります。

食事や着替えなど、日常生活の中で大人と一緒にいることでマネをして自然に覚えることと違い「トイレでおしっこやうんちをする」という行為は、あまり目にすることがありません。

なので、まずは「トイレ」というものに興味を持ってもらう必要があります。

おしっこやうんちをトイレでする」ということを知ってもらうためには、絵本・アプリ・動画・DVDなどを使うと興味を持ちやすいのでおすすめです。

Kmama
Kmama

ママがトイレに行く時に一緒に行くのもアリですよ!

 

◎親子で一緒にトイレトレーニングを楽しむなら!

 

◎トイレのイメージを持ってもらうのにおすすめ!

 

②実際にトイレで座ってみよう!

トイレのイメージづくりができて、子どもがトイレに興味を持つようになったら、次は実際にトイレに誘って座ってみましょう。

子どもの年齢が1歳代なのであれば、おまるの方が座りやすくていいと思います。

2~3歳であれば、補助便座が◎!

この際、トイレに嫌なイメージを持たれないようにするために、トイレ内は明るく清潔にしておくことがポイントです。

子どもが喜ぶようなキャラクターのポスターなどを貼って、トイレを楽しい空間に演出しておくのもいいですね。

ここでは、トイレに慣れてもらう段階なので、言いやがるようなら無理に座らせる必要はありません。

トイレを嫌がるようであれば、また絵本などでトイレに興味を持ってもらうようにしましょう。

子どもの好きなキャラクターのおまるや便座を用意するのもいいですね。

 

Kmama
Kmama

個人的には「おまる」か「便座」であれば、「便座」を選択します。

おまるは使うたびに洗ったりと手間がかかるので。

 

◎うちではこれを使っていました!

1人目・2人目の時はアンパンマンのお喋り補助便座を使っていましたが、トイレトレーニングの際に排泄する事よりも遊ぶ方に夢中になってしまったので、2人目の時に使用をやめました。子どもの好きなカラーのもの、できればキャラクターなどのいないシンプルなものの方が、排泄に集中できてスムーズにトイレトレーニングが進むと思います。(個人の見解です) 

 

③タイミングを決めてトイレに誘ってみよう!

トイレに行くことに抵抗がなくなったら、生活リズムに合わせてタイミングを作り、トイレに誘うようにしていきましょう。

 

  • 朝起きてすぐ
  • ご飯を食べる前と食べた後
  • おでかけする前
  • 寝る前

などなど、要所要所でトイレに誘うことから始めていきます。

もし、この時にたまたまでもおしっこやうんちができた場合は、「おしっこ出たね」「うんち出たね」と子どもと一緒に確認することで、子ども自身も「おしっこ(うんち)ができた!」と自信に繋がります。

繰り返し誘い、一緒に確認を続けているうちに、自分から「おしっこ(うんち)が出た!」と言えるようになってきます。

 

④自分から「トイレ」と言えるまで待つ

数時間おきにトイレに誘っては座る、という習慣をつけることで、自分から「トイレに行く」と言うようになってきます。

それまでは③を続けて、言ってくれるようになるのを待ちましょう。

トイレに座る習慣をつけている際に、偶然でもおしっこやうんちが出た場合は、たくさん褒めてあげると◎。

トイレができたらシールを貼ることができる、トイレトレーニングシールなどを使うと、子どももトイレで排泄することに達成感を覚えてくれるようになるのでおすすめです!

これを続けているうちに、自分から「トイレに行きたい」と言ってくれるようになります。

 

⑤トレーニングパンツをはいてみよう!

トイレでおしっこやうんちが、ときどきでもいいので上手にできるようになってきたら、トレーニングパンツをはかせてみましょう。

Kmama
Kmama

まずは日中だけはかせるように!

パンツにすることで「おしっこした」という感覚がオムツよりもかなり分かるようになります。

また、「濡れてしまって気持ち悪い」とも感じるようになってきます。

これらを感じるようになることで、「次はトイレでおしっこしたい」「おしっこがしたくなったからトイレに行こう」という気持ちが少しずつ芽生えるように。

Kmama
Kmama

もちろん漏らすこともしょっちゅうですが、これは当たり前のことなので、できるようになるまでママは我慢です(笑)

「おしっこ!トイレ!」などと排泄のためにトイレに行こうという意思表示などができるようになれば、トイレトレーニングはほぼ成功です。

出来るようになるまでにかかる時間は、本当に個人差があるので、ママは辛抱強く付き合ってあげましょう。

◎うちではこれを使っています!

うちではトレーニングパンツを使わずに、普通のパンツ(子どものお気に入りのキャラクターのもの)にトレーニングパッドの組み合わせで使っています。

 

⑥お外でのトイレに挑戦!

昼間にパンツで過ごせるようになってきたら、おでかけ先でのトイレに挑戦してみましょう。

できれば、こども用のトイレがある場所を事前に調べて、そこで挑戦するのが◎。

初めて外のトイレに挑戦するときは、脱ぎ着しやすい服装で、着替えを多めに用意しておくと失敗した時も安心です。

Kmama
Kmama

うちは最初のお外トイレがまさかのしまむらでした(笑)

日中の排泄がトイレでできるようになれば、トイレトレーニングはほぼ終了です。

外出先でもオムツが不要になってくるでしょう。

 

おねしょは仕方ない!体の成長を待って!

日中のトイレができるようになっても、なかなか「おねしょ」がなくならない…という場合もあると思います。

しかし、こればっかりは身体の成長を待つ以外に方法はありません。

というのも、夜におしっこが出なくなるには、2つの体の発達が必要だからです。

  1. 膀胱がおしっこを溜められるくらいに大きくなること
  2. 抗利尿ホルモンがしっかりと分泌されるようになること

まずは、膀胱が夜寝ている間中おしっこを溜められるくらい、大きく成長している必要があります。

膀胱が大きくなっていないと、膀胱の容量を超えたおしっこはあふれ出てしまいます。

基本的におねしょをする場合は、この膀胱がまだおしっこを溜められる大きさに成長していない場合が多いです。

Kmama
Kmama

なので早いうちにオムツが取れても小さい子はおねしょをしがちなんですね。

 

また、抗利尿ホルモンというのは、夜の間の尿の量を減らして、朝までトイレに行かなくても大丈夫なようにする働きのあるホルモンです。

これは十分に分泌されるようになるのは10歳くらいだと言われています。

とりあえずは日中にトイレができるようになっても、寝る間だけはオムツの方がいいでしょう。

朝起きてすぐにオムツを確認し、濡れていない日が続くようであれば、寝るときもパンツにしてみても大丈夫だと思いますよ!

 

我が家もトイトレ真っ最中!一緒に頑張りましょう!

いかがでしたか?

トイレトレーニングを始める時期、効率のいい進め方などを紹介させて頂きました。

実は我が家も現在、末っ子である長女のトイレトレーニング真っ最中です。

年齢は3歳なのですが、まだまだ言葉もおぼつかない感じなので、きちんと「おしっこ」や「うんち」が言えるようになるまで気長に待ちました。

現在では日中はだいぶトイレで排泄できるようになりました。

うんちは完ぺきなのですが、おしっこはまだまだ漏らしてしまう日が多いです。

現在トイレトレーニング中のママさんや、これから始めるママさん、一緒に頑張っていきましょう!

 

トイレがなかなかできない…でも焦らないで!

「もう3歳なのに…」「幼稚園の年少さんなのに…」と子どもがトイレをしなくて悩んでいたりしませんか?

焦らなくても大丈夫です!

いつかは必ずできるようになります。

うちも長男は4歳でオムツが取れたのに比べ、次男は3歳にはオムツが取れていたので、やっぱりできるようになるまで個人差はあると思います。

焦らずに、長い目で見守ってあげて下さいね!

ではまた次回!

コメント

タイトルとURLをコピーしました