いたずらっこは将来有望?こどものいたずら心理!

子育て
Kmama
Kmama

どうも、Kmama(@k_fam3mama)です!

1歳を過ぎたころから、急に増えるママの悩みと言えば「いたずら」ではないでしょうか?

「病気になったりケガをしたらどうしよう?!」と神経質になる親の思いをよそに、ただひたすら自分の興味のあるものを触ったり、口に入れたり…。

時には、大人が想像もつかないことをしてみたり。

 

  • そんないたずらをするこどもの心理とは?
  • 将来有望とはどういうことなんでしょうか?

この2つについてお話ししていきます!

 

世の中を探索&検索中!

いたずら=行動範囲や視野が広がったということです。

1歳を過ぎて歩けるようになったりすると、今まで見ていた世界がグッと広がります。

見える世界が広がることで「あれはなんだろ?」「これはなんだろ?」と、いろんなものに興味が湧いて、好奇心が旺盛になっていきます。

この時期のこどもにとっては、目の前にあるもの・見えるものの何もかもが新しく、好奇心が尽きることはありません。

身の回りのモノを1つ1つ触ったり、舐めたり、落としたりして、自分のからだを使って確かめないと気が済まないのです。

こうして、こどもは世の中を自分で探索し、研究しているんですね。

決して、親を困らせようと思って「いたずら」をしているわけではなく、本当にただの好奇心からなる行動なんです。

Kmama
Kmama

大人から見ると「いたずら」なんですけどね。笑

 

将来のためにもいたずらは必要不可欠?!

人間の脳は、0~3歳の間に急速に発達し、3歳で約80%が完成すると言われています。

脳が急速に発達する0~3歳は、まさに「いたずら」真っ盛りの時期なんです。

この時期のことを探索行動期と言います。

毎日自分で探索・研究する行動(いたずら)を行い、そこからさまざまな事を学んでいきます。

この体験が脳を活性化して、さらに好奇心を芽生えさせていきます。

Kmama
Kmama

いたずらがエスカレートするのは、好奇心が芽生え続けてるからなんですね!

 

好奇心を通して「自分でやりたいことができるんだ!」という意識が芽生え、自発性が育っていきます。

自発性は、将来的な「自己肯定感」の一番の土台となります。

 

大人から何かをやらされるのではなく、自ら積極的にやってみようとすることに意味があるので、できる限り「いたずら」は見守ってあげていてくださいね。

 

いたずらっ子はどうして将来有望なの?

いたずらっ子が将来有望と言われるのは、いたずらによる脳への刺激が、将来に大きく関係しているからなんです。

こどもがいたずらをしている時は、心が躍動して興奮している状態にあります。

乳幼児期の脳の発達においては「大脳を刺激し、興奮する働きを高める」ことが大切なんだそうです。

大脳のはたらき
  • 考える
  • 感じる
  • 記憶
  • 言語

などなど、大脳は知の要と言われている重要なところです。

また、大脳の前頭葉には、興奮と抑制のはたらきがあります。

いたずら=興奮している状態=大脳を刺激

いたずらを繰り返すことで、モノを扱う力量なども身につき、自分で学び取る力が育っていきます。

要するに、いたずらは学びのスタートってことです!

 

いたずらによって興奮し、大脳が育っていくのと同時に、興奮の抑制力も育っていきます。

逆に大脳が育っていないと、ちょっとしたことでキレたり、パニックになったり、社会に出た時に大変な思いをすることになります。

 

  • 自発性
  • 自己肯定感
  • 興奮の抑制力
  • 学び取る力

など、いたずらを通してこれらが育ち、自分のやりたいことのために努力し、学び、何にでもチャレンジできる精神を構築してくれます。

結果、大人になった時に成功しやすい人になる=将来有望となるわけです!

1つのことを通してこれだけのことを一気に習得しているなんて、こどもって親が思っているよりも凄いんですね♪

 

危険は回避!安全対策はバッチリしよう!

こどものいたずらは思うままにさせてあげて、基本的には大目に見てあげるようにしましょう。

Kmama
Kmama

しかし、危険が及ぶものは話が別です!

思う存分にいたずらをさせてあげるには、最低限の安全対策が必須になってきます。

  • 触られて困るものは手の届かない場所に収納する
  • 刃物(ハサミや包丁)は触られない場所に収納するか、扉・引き出しなどにロックをかける
  • 口に入れると危ないもの(たばこや薬)はすぐに片付ける
  • 倒れて困るものや、壊した際にケガをするものは極力置かない
  • 危ない場所には行けないようにベビーガードをつける

こどもの成長は親が思っているよりも、早いものです。

数日前までは手が届かなかったのに届くようになっていたり、何かを台にして上って届くように工夫したりします。

うちでもこのパターンがあって、その時は兄弟2人(当時3歳と1歳)でカッターの替え刃を出して遊んでいました。

いろんなものを積み重ねて土台にし、クローゼットの一番上に収納していたカッターの替え刃(30本入り)を、広げて遊んでいたんです!!

2人とも手は切れてるし、血まみれだし、心臓が止まる思いでした。

現在、1歳の長女もいろんなところへ上って高いところにあるモノを取ろうとしたりします。

ついこの間までよちよち歩いていたのに、今では走り回って、興味のあるモノ・ことをすべてやろうとします。

長男と次男の件があってからは、安全対策にもより一層気を付けているので、今のところ目立った事故はありません。

完全に私のミスでこどもにケガをさせてしまったわけですが、ちょっと目を離した隙にこう言う事が実際に起こります

Kmama
Kmama

みなさんも安全対策だけは万全にしておいて下さいね!

 

いたずらを大目に見れない!

ママも1人の人間です。

毎日繰り返されるいたずらにその後片付け…。

大目に見れないよ!!

大目に見ないといけないのは分かっていても、イライラして怒ってしまうこともあります。

そんな時は、別のことをさせてみて、こどもの興味をいたずらから別のことにそらしてみましょう!

興味をそらす方法
  • おもちゃを渡す
  • 好きなキャラクターのTVを観せる
  • 外に連れていく

など、ママが困らないことをオススメしてしてあげて下さい!

 

この時期は好奇心が旺盛なので、なんにでも興味を示してくれます。

(その分目移りも激しく次々と違うことに行ってしまいがちですが…笑)

他人に迷惑をかけるような行為をしたり、危険なものを触るなど、時には怒らないといけないようないたずらをする場合もあります。

その時は、いたずらをしたその時に、何がダメなのかを説明するように叱ると効果的です。

 

それでも、小さいこどもは何度も同じことをしてしまうので、ママは根気よく繰り返し教えていくしかないですね…。

 

Kmama
Kmama

簡単なように思えて、これが結構難しいんです。

私は気をつけながらもかなり怒ってしまいます。

 

 

最後に

いたずらは親にとっては大変ですが、こどもにとっては本当に重要なものなんです。

  • 興奮の抑制が身につく
  • 自発性が育つ
  • 自己肯定感が育つ
  • 学び取る力が付く

2歳くらいからは、こどものいたずらの後片付けはママがやるのではなく、こどもと一緒にやるようにして「同時にお片付けを身につける」ようにするといいですよ♪

いたずらの時期は結構長くて大変(うちの長男も5歳ですがまだまだいたずら盛り)ですが、こどもの成長のため・こどもの将来のため・後に笑い話になると、ポジティブに捉えると少しは楽になりますよ♪

ではまた。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました