助産制度をご存知ですか?出産費用に困っているときに利用したい制度

出産
Kmama
Kmama

どうもKmama(@k_fam3mama)です!

お金がなくて出産できない!

そんな妊婦さんには、公費(国や公共団体のお金)で出産費用を援助してもらえる「助産制度というものがあります。

実は私も3人のうち2人を、この助産税度を利用して出産しています。

今回は、知っていると助かる「助産制度」について、詳しくお話ししていきますね♪

 

助産制度について

経済的な理由によって入院助産を受けることが難しい妊産婦が、安心して出産できるように、助産施設への入所・出産費用を援助する制度。

※所得によって援助される金額は変わるので、自己負担が必要な場合もあります。

 

Kmama
Kmama

お金がないから助産院で出産できない!

AIBO
AIBO

じゃあ安全な出産ができるように援助してあげるね

というように、出産に必要なお金の全額または一部を、公費で負担してくれる制度です。

 

原則として、分娩日の前日~医師が「経過良好で退院できますよ」と認める日までの期間利用でき、その間にかかった費用を援助してもらえます。

市が指定した病院や産院で出産することが条件

出産費用が一部免除または全額免除になる

直接支払制度は利用できないので、産後保健機関に請求申請をする

  • 約1ヶ月ほどで42万円が自分の口座に振り込まれる
  • 振り込まれたら自己負担金額分を支払う

振り込まれた出産一時金-自己負担額=残りは援助金として手元に残る

 

Kmama
Kmama

自己負担金がある人は、振り込まれた42万円から8万800円を支払えば、残りの33万9,200円は自分のお金になっちゃうんです!

 

産後は何かと出費が重なるので、ベビー用品などもこの援助金からまかなうことができますよ♪

 

 

助産制度を利用するための条件

 

  • 入院助産が必要な妊産婦
  • 生活保護受給世帯
  • 市民税非課税世帯
  • 所得税が非課税で住民税のみ課税世帯
  • 所得税8,400円以下の世帯

上記の条件に当てはまれば、利用申請をすることができます。

「当てはまるのかな?」と思ったら、お住いの市区町村の窓口で相談してみてくださいね♪

 

Kmama
Kmama

どの条件に当てはまるかによって、自己負担の有無が変わってきます。

地域によっては多少の違いがあるそうなので、詳しくはお住いの役所でお問い合わせください。

 

申請方法

助産制度を利用する場合は、申請と審査があるので、まずは地域の福祉課で相談します。

 

申請に必要なもの
  • 母子手帳
  • 前年度分の源泉徴収票(自営業の場合は確定申告書の写し)
  • 世帯全員の住民票非課税(課税)証明書
  • 健康保険証
  • 印鑑

外国の方は「外国人登録証」、学生の方は「在学証明書」が必要です。

課税証明書は、出産予定日が6月末までは前年度のもの、7月1日以降は当該年度のものを用意します。

あとは、窓口で「助産施設入所申請書」というものに記入すれば、申請は終わりです。

審査は10日ほどかかり、利用できる場合は、自宅に「入所承諾書」というものが郵便で届きます。

 

助産制度の自己負担金はいくら?

【区分A】生活保護などの支援受給世帯:0円
【区分B】市民税非課税世帯:80,800円

自己負担金がある場合は、自己負担額を差し引いて入金される場合と、入金後に支払う場合があります。

私は大阪府在住ですが、入金後の支払いでした。

 

助産制度を利用するときの注意点

助産制度は、お金に困っている妊産婦さんにはありがたい制度ですが、いくつか注意点もあります。

  • 市が指定した産院での出産となる
  • 転院の際、紹介が必要
  • 個室ではなく大部屋である
  • 普通に出産する人と食事内容に差がある

助産制度を利用する場合は、指定の産院でしか出産できないため、現在通っている産院から転院する必要があります。

その際は、紹介状を書いてもらわなければなりません。

(紹介状の費用は産院により有料)

 

基本的には、産後の入院期間中は個室ではなく大部屋で過ごすことになります。

(追加料金を支払えば個室利用ができる場合もありますが、ちょっとグレーゾーンですね)

 

これは私の場合だけかもしれませんが、助産制度を利用して出産した時は「特別食」「お祝膳」などはないと思っておいた方がいいと思います。

Kmama
Kmama

我慢ポイントはいくつかありますが、お金がないのでそんな贅沢は言っていられません!

 

私が助産制度を利用した理由

私は3回の出産のうち2回を、助産制度を利用して出産しています。

1人目~3人目まで全員同じ産院を利用しました。

(たまたま長男を出産した産院が、制度に対応していたので)

 

うちはなぜか、妊娠すると金銭面で問題が起きるらしく、次男を妊娠した時は当時旦那が務めていた勤務先の社長が逃亡。

給料の滞納があったにもかかわらず、音信不通になってしまい、同時に職も失いました。

60万ほどの給料未払いに加え、次の仕事が見つかるまでにも苦労し、生活苦になり1度目の助産制度を利用しました。

 

長女を妊娠したときも、同じく次に務めていた会社の社長が逃亡。

音信不通・給料未払いのまま、また職探しが始まり、再び助産制度を利用することになりました。

Kmama
Kmama

もう私たち夫婦の間では、妊娠すると貧乏になる(職を失う)というジンクスができたほどに、妊娠が嬉しい反面とても辛かったです。

 

実際、こんなことってあるの?!って感じですが、実際にありえました。

 

実際に助産制度を利用してみて

金銭的に困っている場合の援助なので、ハッキリ言って手続きなどは必要書類が多くて面倒です。

でも、出産一時金をもらえるので、産後の金銭面の心配はあまりせずに済みました

(赤ちゃんに必要なものも買うことができました)

たまたま長男を出産した産院が指定病院だったので、信頼できる産院で出産できた私はラッキーだったと思います!

 

公費を利用しているので、できれば利用しないほうがいいのですが、うちみたいに突然貧困になる場合もあります。

コレと言って不便なことはありませんし、食事や部屋は我慢すべき部分はありますが、そのほかは普通に出産するのと変わりはありません。

Kmama
Kmama

お金に困っている方にはぜひ、知っておいてほしい制度ですし、安全に出産するためにも迷わず利用してほしいです!

忘れてはいけないのが、産後必ず「請求申請」をするということです。

請求をしない限り42万円は振り込まれません。

なので、絶対に忘れないでくださいね!!

 

最後に

実は、助産制度は役所の人たちにもあまり認識されていません。

1度目の利用の際に、案内を頼んだのですが、ちゃんと聞き入れてもらえませんでした。

なので、必ず福祉課で「助産制度の申請をしたいのですが」と言ったほうが確実です。

産後も手続きがあるので少し大変かもしれませんが、お金がない中で無事に出産・育てていくためにも、こうした制度は利用した方がいいです。

助産制度があることを知っておけば、万が一お金に困る事態に陥っても、出産・育児が安心してできますね♪

ではまた。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました