産院施設の種類はどれくらいある?

出産
Kmama
Kmama

どうもKmama(@k_fam3mama)です!

妊娠が分かったら、早めに決めたいのが産院ですよね!

しかし、産院と言っても、その施設の種類はさまざまです。

現在の日本には、いろいろな出産場所(産院)があり、特にリスクがない場合には自由に出産場所を選ぶことができます。

施設によってお産に対する考え方や、技術・経験・設備などに大きな差があるので、自分に合った産院を見つけるためにも、まずはどのような施設があるのかを知っておきましょう♪

 

助産院

助産院(=助産所)は、助産師が分娩の手伝いや、妊婦・新生児への保護指導を行ってくれるところです。

助産院は医療法で「管理者が助産師であること」「同時に10人以上の妊婦・産婦・経産婦を入所させてはならない」と定められています。

助産院の特徴
  • 助産師(資格有)が開設
  • 一切の医療行為ができない
  • フリースタイルで出産できる
  • 一部の助産院では、妊婦健診は提携している医療施設で行う
  • ベッド数は10床未満
  • 産後のアフターケアが充実

助産院は、昔ながらの自然分娩をしたい人に人気があります。

分娩台はなく、布団を敷いてのフリースタイルという、妊婦さんが出産しやすい態勢で出産に臨むことができます。

しかし、医師がいないので、一切の医療行為を行うことができません

出産時に医療行為が必要な事態が起こった場合は、提携している産婦人科などの医療機関で行うことになります。

 

また、医師のいない助産院では、入所するのにも条件があります。

助産院を利用するための条件
  • 多胎妊娠(双子など)でない
  • 過去に帝王切開の経験がない
  • 妊娠経過に異常がない
  • 逆子ではない
  • 過去または現在、子宮に異常や手術歴がない
  • 羊水に異常がない
  • 喘息・甲状腺異常などの合併症がない
  • 胎盤の位置に問題がない
  • 血液型がRh(-)でない
  • B型肝炎・C型肝炎・HIVなどの感染症がない

基本的には上記の条件をクリアしていれば、助産院で出産することができます。

しかし、細かい条件は助産院によって違うので、肥満体形や高齢出産の場合はNGな助産院もあります。

「助産院を利用したい!」という場合は、利用したい助産院で詳細を訪ねてみてくださいね♪

 

産婦人科病院・医院

産婦人科病院・医院は、診療科目を「産科」「婦人科」に限定している医療機関です。

地域に根強いので、多くの妊婦さんは、産婦人科病院または産婦人科医院での出産を選ばれます。

Kmama
Kmama

ちなみに私も出産は3人とも産婦人科医院です♪

産婦人科病院・医院の特徴
  • 病院の場合はベッド数が20床以上
  • 医院の場合はベッド数が20床未満
  • 分娩スタイルなどは医院によりけり
  • 方針が医師に左右される
  • 助産師が主導の場合が多い
  • 医師やスタッフは少ない
  • ママ教室などがあり、初産でも心強い

個人医院は、院長の考えや方針が強く出るため、医院ごとに全然違う印象を受けます。

なので、自分の希望する出産プランに沿う・沿わないがハッキリします。

助産師が主導のところが多く、産科以外の医療処置が必要となる緊急時などは、提携している総合病院での対応となる場合も。

医師やスタッフの数が少ないので、親しみを覚えやすく、初診から産後まで同じ担当医に診てもらえることが多いので、安心して出産することができますよ♪

 

総合病院

総合病院は、ほとんどの診療科が揃っている病院です。(大学病院も含まれる)

総合病院の特徴
  • ベッド数が100床以上
  • 医師が多い
  • 設備が整っている
  • 緊急時も速やかに対応可能
  • 待ち時間が長く、診察時間が短い

総合病院では小児科などもあるため、産まれてきた赤ちゃんに合併症などがあっても、すぐに対応してくれます。

しかし、医師が多いので毎回健診の時に、同じ先生に診てもらうことが難しいです。

患者さんの数も多いので、待ち時間は長いのに、診察時間は短いというデメリットも。

大学病院などでは、研修生が診察や分娩に立ち会うこともあります。

 

 

Kmama
Kmama

知人は総合病院で出産したのですが、産後の処置が研修生か新人だったらしく、縫い目もガタガタでい思いをしたと言っていました。

 

何かあったときなどは安心できる反面、処置医師が選べないのはママにとっては不安要素でもありますね。

 

 

自分の出産プランに合った産院を探そう!

産院と言ってもさまざまです。

それぞれの医院に、メリット・デメリットがあり、病院によって方針などもバラバラです。

全部の産院を調べるのは大変ですが、できるだけ自分のプランに近いところを選べるように、日頃から出産経験や周りの意見も聞いておきたいですね。

妊娠が分かったら、希望する地域の産院の特徴を早めに調べておくことをお勧めします。

妊活中に調べておくのもいいですね♪

 

Kmama
Kmama

個人的には、産婦人科医院をお勧めします♪

 

自身の経験、周りの意見などを聞いても、やはり担当医師が変わらない・信頼関係ができたうえで出産できる、という部分はとても大事だったので。

 

 

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました