これで安心!赤ちゃんが生まれてから1年間のお祝行事スケジュール!

子育て
Kmama
Kmama

どうも、Kmama(@k_fam3mama)です!

赤ちゃんが生まれてから1年間は、お祝い事の行事がいくつかありますよね。

どのくらいの時期に、どんなお祝い事があるのでしょうか?

各行事の内容と一緒にお話しします!

 

お祝行事一覧表

行事お七夜・命名式内祝いお宮参りお食い初め初節句
時期生後7日目生後30日以内生後30日頃生後100~120日頃

女の子は3月3日

男の子は5月5日

1年間のお祝ごとのスケジュールは、このようになっています。

それでは、1つずつどういった行事なのかを確認しておきましょう♪

 

お七夜・命名式

赤ちゃんは生まれて初めての行事です。

生まれた日から7日目の夜が「お七夜」で、赤ちゃんのこれからの健やかな成長を願うお祝い事です。

Kmama
Kmama

なんと!平安時代から続く伝統ある行事なんですよ♪

昔のしきたりでは、この日に名前を決めて「命名書」を神棚や壁に貼ってお披露目し、赤飯や尾頭付きの魚などの「お祝膳」を用意して家族で囲みます。

最近はあらかじめ赤ちゃんの名前を決めている場合が多いので、一応お披露目として、まいまい所を飾るだけのほうが多いですね。

あとは、産院で退院祝いを兼ねて行うことも多いそうですよ。

うちの場合は、お披露目で命名書を壁に飾るだけでした!

 

命名書の書き方

最近では「略式命名書」が主流だと思います。

略式命名書の書き方
  • 半紙の中央の上に少し小さめに「命名」と書く
  • 命名の下に「名前」を大きく書く
  • 左端に「生年月日」を入れる
  • ベビーベッドのそばの壁に貼る

「命名書」はどこでも手に入るので、市販のモノであれば「名前」と「生年月日」の記入だけで大丈夫ですよ♪


続いて「正式命名書」の書き方です。

正式命名書の書き方
  • 奉書紙を2つに折る(画像の点線部分が折線)
  • 輪を下にする
  • 書き方は図を参考にしてね
  • 左・右の順に3つ折りにする
  • 上包みの中に入れる
  • へぎ盆や三方に乗せる
  • へぎ盆の場合、木目は横になるように

 

Kmama
Kmama

じつは、今回この記事を書くまで「正式な命名書の書き方」を知りませんでした。

(お恥ずかしい…)

 

命名書の書き方や飾り方の説明はこれで終わりです。

今は「略式命名書」が主流だとは思いますが、どちらも赤ちゃんの健やかな健康を願うことに違いはありません。

なので家族みんなでお祝いしましょう♪

 

内祝い

内祝いは、お祝いをいただいた方々にお礼を贈ることを言います。

内祝いの基本
  • 頂いたものの1/2~1/3の金額でお礼をする
  • 生後1ヶ月以内(お宮参りの頃)にお返しする

内祝いの本来の意味は、内輪の親しい人たちでお祝いすることです。

出産だけでなく、家でお祝い事があったときなどに「周りの人たちにも贈り物をして、喜びをおすそ分けしよう!」という意味がありました。

Kmama
Kmama

お宮参りのあとに、赤飯などを配って歩くのがしきたりだったそうです!

 

内祝いの定番といえばコレ!

内祝いの定番品
  • タオル
  • 紅白まんじゅう
  • お菓子
  • 石けん

それぞれ1種類ずつピックアップしてみたので、参考にしてみてくださいね♪

 

 

 

 

内祝いは、紅白蝶結びの水引きののしに「内祝い」と表書きして、下に赤ちゃんの名前だけを記入します。

 

お宮参り

お宮参りは、氏神様(その土地の守り神)がいらっしゃる神社にお参りして、その土地の子になったことを報告し、認めてもらうことから始まったものです。

Kmama
Kmama

赤ちゃんの誕生を神様に報告するんですね!

報告とともに、こどもの健康と幸福をお祈りします。

お宮参りは「初宮参り」や「初宮詣」と呼ばれることもあります。

正式なお宮参りに行く日
  • 男の子:生後31日目
  • 女の子:生後32日目

人気があるのは「大安」「戌の日」などです。

正式な日取りは上記した通りですが、赤ちゃんの体調やその時の気温に配慮して、多少ずらしても大丈夫です。

地方によっては50日目だったり、100日目に行うところもあります。

 

お宮参りの服装

着物の場合は、色無地の紋付や訪問着が一般的です。

洋服の場合はスーツやワンピース。

パパやおじいちゃんは、スーツやジャケットでOK!

 

お食い初め

お食い初めは「赤ちゃんが一生食べ物に困りませんように」という願いを込めて行われる儀式です。

地方によって時期や習慣に違いはありますが、生後100日~120日の間に行われます。

お食い初めに関しては、別記事で詳しく説明するのでここでは省略します。

 

初節句

生後、初めて迎える節句を「初節句」といい、女の子は3月3日(桃の節句)、男の子は5月5日(端午の節句)にお祝いします。

節句は毎年やってきますが、初節句は盛大・にぎやかにお祝いして、こどもの健やかな成長を祈りましょう!

桃の節句に飾るもの
ひな人形

一昔前などは、七段飾りなどの立派なひな人形を飾ったものですが、現在はそうでもありません。

住まいに合わせて三段飾りだったり、お雛様とおだいりさまだけの小さなものを飾るのが主流になりつつあります。

端午の節句に飾るもの
  • 鎧兜(よろいかぶと)
  • 武者人形
  • こいのぼり

こちらも立派なものではなく、小さめのものが主流になってきています。


生後3ヶ月に満たないうちに初節句を迎える場合は、翌年の節句まで待っても大丈夫です!

 

最後に

赤ちゃんが生まれてから1年間は、お祝行事がいろいろあります。

「いつ・どんな行事があるのか」を前もってチェックしておくと安心ですね♪

ではまた。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました